DIY DSP PROCESSOR PROJECT

A DIY Audio Processor Development Project as a part of FreeDSP Project


Introduction

機械語(奇怪語?)に近いDSPのインストラクションを完璧にマスターした上で、パイプライン処理 による並列処理の最適化までをアタマの中で考えながらDSPのコードを書かなければないという古い固定観念が巣食ってから早30年が経過した今日では、DSP の処理能力も数千倍に向上しながらも消費電力は激減したので空冷ファンもヒートシンクもなしでOKな時代となり、部品の実装難易度は上がったものの当時なら信 じられないくらい安 い費用でアマチュアでもプリント基板が作れるようになった。 何より大きく変わったと感じるのは十分に高い処理能力が得られるようになったために カリカリにチューンしなくても実用になるコードを吐く開発環境が手に入るようになった事で、それを知った時点で、久々にDSPでちょっと遊んでみたいと感じた のがきっかであった・・・


About This Project

なんと千円ちょっとで買える固定小数点DSPにデルタシグマ型の24bit相当のADCが2ch と、 DACが4ch、さらにボリューム読み取り用の10bit ADCまで載ってて、開発環境はGUIで それこそ一行もコードを書かずに実用になるソフト開発ができるという、古い人間にとっては夢のようなAnalog Devices社のSigma DSPの事を知ってからは、この便利な時代まで生き長らえたメリットを享受すべく、何とかお小遣いレベルのコストで遊べないものだろうか? としばし考えていました。 アナデバ純正の開発用リファレンスkitは2〜3万円もするし、何よりもネックに感じたのがデバッグやファームの書き込みで使用するアダプター であるUSBiが 単体で購入(開発kitには付属)すると1万円近くもするので、少しでもお小遣いを減らしたくない身としては仮にDSP基板を安く作れたとしても、その何倍も 書き込みツールがするのでは費用的に敷居が高く感じられて暫くそこで止まってしまいました。 そんなある日、FreeDSP コミュニティで開発されたFreeUSBiと いう互換アダプターがDIYできるという事を知り俄然やる気が出てきたので一気に設計してしまったのが、このFreeDSP SMD A/B Boardです。FreeeDSPコミュニティにも、これに近い構成のボードのデザインがあったのですが、自分の目的にはチト使いづらいと感じたのでDIYの精神に乗っ 取って、無いものは自分で作ってしまったのがこのボードでありプロジェクトという訳です。 開発は次のような日程で現在進行形です。

Project Histories


Design Concept

最初に、どのような用途を想定しているのかについて説明します。 DSPなのでソフトを入れ替えれ ば様々な応用が可能なのは理屈ですが、私の想定した用途は以下のようなものです。

これらで使用を想定している技術要素として

などと、遊んでみたいテーマには事欠きませんが、まずは実行できるハードを造らないことには始まり ません、何せ全てひとりで進めているので段階的にしか進めないもどかしさがありますが、以下のサブプロジェクトへのリンクと続きます。


Hardware Development Project

Software Development Project



引続き更新中です

(ReLoad)再ロード

[注意事項]
 本情報は、あくまでも部分的情報の公開が目的であり、確実で完全な情報であることを保証するものではありません。 ユーザー個人の趣味であり またメーカを冒瀆したり営業妨害を意図するものでもありません。 従って本情報に基づいて機器を改造した際に、機器が動作しない、もしくは、期待した 性能が得られない等の 障害が発生したり、万が一に事故等が発生したとしても、当方は一切の責務において関知しないものであります。 実際に機器の改造を行う際は、あく ま でも各自、個人の責任において行ってください、腕に自信の無い方は絶対にトライしないで下さい。 本設計の回路やアイディアの無断転載や商用化はご遠 慮ください。
[Caution:] If you use above information, At Your own risk! inserted by FC2 system