MODIFY the Logitec LAT-CARMP3 (USB-FLASH AUDIO PLAYER)


Introduction

初めて見た方は、「こりゃ何だ?」という疑問を持つのが自然だと思うので、簡単に解説する。 これは、最近フロッピーディスクの代わりに使う機会が多いUSB接続タイプのフラッシュメモリーに、MP3形式のファイルを放り込んでから挿すと演奏を開始するという「外付けメモリープレーヤー」とでも言うべきユニークな製品で、ライン入出力端子とFMモジュレーターを搭載している。 これは日本のロジテック社から販売されている、ちなみに実勢価格は8千円弱。(USBメモリーは含まず)
AppleのiPOD-Shaffleが1万円で買える時代なので、この構成にコスト的なメリットは感じられないが、モバイルモノ好き?のTさんのライフスタイルにはピッタリの製品なのだそうだ。 思いっきり期待していたTさんであったが、「あまりにも音が悪くて使い物にならないよ」と酷評されていたので、この恵まれない製品にHILOが愛の手(ハンダこてという噂もあるが...)をさしのべてあげる事となった。

Prologue

「ホントにそんなにヒドイのかぁ?」と疑いいつつ、持ち込まれたブツを愛車に搭載し試聴してみました。
あ〜ぁ確かにこりゃヒドイ、具体的にはRFの信号強度が非常に弱くて、本体から輻射されるノイズに負けそうな位。 そのためオートチューニングにも引っかからないし、S/Nもかなり落ちてしまっています。 さらにこういう製品を使うようなクルマの場合(大抵純正オーディオそのままとかのケースが多い)只でさえ寂しい低域のレスポンスが完全に聞こえないくらいに低域がスパッとカットされてしまっていて、大枚をはたいてインストールしているHILOの愛車のFMから流れてきた音は、はっきり言ってケータイの内蔵スピーカー並みのものでした。(絶句)

Plannig

あまりにもヒドイ音に感動してしまったため、もう改造しないことには居ても立っても居られない状態に火がついてしまいました、そこでこのストレス?を解消すべく 内部の改造を行うことにしました、改造の方針としてはRF信号レベルのアップと周波数特性の変更の2点です。 ライン出力端子からライン接続で出音をチェックしたところ、こっちの方はやや軽いもののFM音声ほどヒドくはなかったことから、まずは周波数特性の改善を試みます。

Modification Phase1

FM音声の低音がカットされていた原因は赤矢印のコンデンサー(オリジナルは1uF)が容量不足のためでした。 そこで、低域がカットされないように10uFのチップコンデンサーを並列にパラってみました。
下ブロック図のモジュレーター入力部の1uFのコンデンサーが上画像の矢印の部品に該当します。

Check

上記の改造だけでも、低音が聞こえない問題はかなり改善されました、しかし最近のFM局はエンファシス(イコライジング)かけて送信しているので、放送局と比較してしまうとカマボコ型な周波数特性では寂しく感じてしまいます。 ここはもう一捻りする必要がありそうです。

Action

なによりもまず低域の周波数特性が弱いのを改善する必要があることと、J-POPなどの平均レベルが極端に高いソースでボリュームを上げると過変調になって歪んでしまっていた点を考慮し、今回はFMモジュレータの入り口でアッテネーターを兼ねたパッシブのイコライジング回路を追加することにしました。 以下に簡単なブロック図とイコライジング(低域強調)回路を示します、改造のポイントは赤色で記述してあります。
この改造により、おおよその周波数特性は下のグラフでの赤線のようになります、破線はPhase1改造の場合の特性です。
Phase2改造では中高域のみが減衰するので、150Hz付近をターンオーバーとして相対的に約10dBの強力な低域ブーストが掛かることになります、私のクルマでは聴くに耐えない程の量ですが、普通の純正システムなら多分大丈夫でしょ(笑)

Modification Phase2

限られたスペースなので、なるべく小型の部品を使いたかったのですが、残念ながら10uFのコンデンサー程度しか表面実装タイプの部品を持ってないので、通常の部品を空中配線で接続しながら改造しました。 かなり3Dな回路展開になってます(笑)
車載の場合、振動でハンダが疲労して割れるなどの障害が起こる可能が高いので、上画像の空中配線部分は動作確認後にホットメルトで固めてしまいました。 ここまでの改造で、純正オーディオで聞くとちょうどイイ加減に(いいかげんとも言うが...)周波数特定が補正されたはず...

Modification Phase3

何とか音のほうはメドがついたので、こんどはRF信号レベルにアップ改造に着手。 ひとつの方法は直接カーラジオのアンテナ端子にミックスするという方法。 もう一つは輻射される電波の強度そのものをアップする方法である。  
 
FMモジュレータのICのデーターシートを参考に短いワイヤーをアンテナ代わりに付けることで目的を達せますが、あまり大きなアンテナを繋ぐと電波法に規定されている「微弱電波」の定義から外れてしまい違法となってしまうので、搭載したクルマのラジオでギリギリ受信できる程度にアンテナ線は短くする必要があります。 純正カーラジオの受信感度のスペックを信用するならば、距離からして規制内でも十分なレベルの電波が受信できるハズです。 でも厳密に電波法に定めされた信号レベルをオーバーしていない事を確認できない場合には、この改造は使用する方の自己責任でお願いします。 (この改造によって何か問題があった場合でも、当方は一切関知しませんのであしからず....)

Epilogure

HILOの愛車では参考になりにくので、実際の純正システムに近いイメージになるように最終的な動作確認は自宅でMDラジカセを使用してFMラジオで行いました、この時点での感想は以下のようなものです。

ここまでで時間切れ、残念ながら改造を終えたCAPMP3は私の元を去っていきました....


[注意事項]
 本情報は、確実な性能及び動作等の一切を保証するものではありません。 従って本情報に基づいて機器を改造した際に、機器が動作しない、もしくは、期待した性能が得られない等の障害が発生したり、万が一に事故等が発生したと しても、当方は一切の責務において関知しないものであります。 従って実際に機器の改造を行う際は、あくまでも各自、個人の責任において行 ってください、腕に自信の無い方は絶対にトライしないで下さい。
[Caution:] (If you use above information, At Your own risk!)
更新日 2005.Feb.14
inserted by FC2 system